「育毛剤」という一歩を踏み出せ!
「育毛剤」という一歩を踏み出せ!
ホーム > 健康 > 妊娠中の一日の水分摂取量は?

妊娠中の一日の水分摂取量は?

水分の摂取は人間が生きていくうえで必要不可欠のものです。したがってお腹に赤ちゃんを宿す妊婦にとっても、適切な量の水分摂取は非常に大切なことになります。

 

一般的に人間が1日に取らなければならない水分量は最低でも2Lとされています。お腹に赤ちゃんがいることを考えれば、妊婦の1日の水分摂取量はこの2Lに少しプラスした量が目安となります。ただし水分が必要だからといって、一気に大量に摂取すると胃に負担がかかり、水分の吸収率も悪くなるのであまりよくありません。のどが渇く前に、こまめに少量の水を摂取するのが基本です。

 

また糖分を含む飲み物の過剰な摂取は体重の増加を招く原因にもなりますので、控えめにしておくことが大切です。汗をかいた後に飲むスポーツ飲料は吸収率も高く有用な飲み物ですが、糖分もかなり含まれていますので日常的な摂取は注意が必要です。ただしつわりのひどい時期は無理をせず、飲みやすいもので水分摂取できれば十分です。

 

妊婦は基礎代謝量が通常の状態よりも活発になっているので、水分の摂取はとても重要です。

 

適切な水分摂取は脱水症状を防ぐだけでなく、血液の粘度をさげ血流の流れをよくしてくれます。また新陳代謝が活発になり、身体の老廃物の排出が促進されるなど、妊娠期の健康の維持に十分な水分量の摂取は欠かせないものなのです。

 

特に妊娠中は便秘になりやすい条件がそろっていますから、便が固くなって出にくくなるのを防ぐ意味でも、適度な水分摂取は忘れないようにしたいですね。妊娠 便秘解消